Cookie(クッキー)

Cookie(クッキー)がなくなる日のマーケティングとは?マーケティング・オートメーション(MA)には影響があるの? Vol.6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cookie(クッキー)が終了、廃止に向かっています。CookieにはファーストパーティCookieとサードパーティCookieがありますが、MA(マーケティング・オートメーション)には影響があるのでしょうか? Cookie(クッキー)とMAの関係について解説していきたいと思います。

Cookie(クッキー)が終了?廃止に?基本を解説

Cookieとは、Webサイトを見たときにみなさんのパソコンやスマホに少しデータを保存します。そして分析等に役立てたりしますが、一番の目的はみなさんを特定するためのものです(以下、ユーザー)。Cookieで個人情報は特定されませんのでご安心ください。あくまで「うちのWebサイトに来た人」という程度の情報です。「えっ?Webサイトを見ただけで特定されるの?」と思うかもしれませんね。詳しく解説しますが、まず2種類のCookieがあることを理解しましょう。

1stパーティクッキー(以下、ファーストパーティCookie)→単一のWebサイトでしか使えない
3stパーティクッキー(以下、サードパーティCookie)→複数のWebサイトで使える

単一のWebサイトでしか使えないファーストパーティCookieは、例えばGoogle関連サービスをユーザーが利用すると、ログインを保持してくれたり、以前見た記事を教えてくれたりします。単一のWebサイトでしか使えないファーストパーティCookieの便利な機能として利用できるのですが、単一のWebサイト内でユーザーの追跡(トラッキング)ができます。

サードパーティCookieは、ユーザーのCookie情報が複数のWebサイトを横断して使用ができるため、ユーザーがWebサイトを見た閲覧履歴として、追跡型広告にトラッキングされてしまいます。みなさんも追跡型Web広告が何度も表示されることはないでしょうか? あれです(笑)。あれが、サードパーティCookieの問題となっており、プライバシー保護の観点から、サードパーティCookieが廃止に向かっています。

Cookieが終了する決定打になったのは、Google社がChrome(クローム)ブラウザのサードパーティCookieのサポートを2022年から終了すると発表したことです。アップル社のiphoneは、iosアプリの追跡許可を個人で判断できる機能を追加したことからも、サードパーティCookieは確実になくなっていきます(ファーストパーティCookieのサポートは継続すると発表されています。もっと詳しく知りたい方は、「Cookie(クッキー)がなくなる日のマーケティングとは?廃止される理由とCookieの基本を解説 Vol.1」を、後ほどご覧ください。

サードパーティCookieの問題はネット広告に大きな影響を与えています。サードパーティCookie に頼るDSP広告、リターゲティング広告・リマーケティングは生き残りをかけた対応が必要でしょう。(もっと詳しく知りたい方は、「Cookie(クッキー)がなくなる日のマーケティングとは?Vol.2~Vol.5」を、後ほどご覧ください。

しかし、Web広告ではなく、MA(マーケティング・オートメーション)とCookie終了問題との関係はあるのでしょうか?今、みなさんが使っているMAです^^ 


マーケティング・オートメーション(MA)はCookieが影響するの?

Cookie(クッキー)規制の影響はMA(マーケティング・オートメーション)には影響はあるのでしょうか?

結論から言います、ほとんど影響はないと言えます。その理由とはMA(マーケティング・オートメーション:以下、MA)はファーストパーティCookieを使用しているからです。ファーストパーティCookieは単一のWebサイトでしか使えないですし、ファーストパーティCookieの機能を使い、単一のWebサイト内でユーザーの追跡(トラッキング)をおこなっております。欲しいダウンロード資料があって、個人情報をフォーム入力して、ダウンロードしたことはないですか?
その時に個人情報の取り扱い規約の中に、Cookieを利用に関する説明があり、ユーザーは同意しています。そしてファーストパーティCookieをユーザーのパソコンやスマホに付与し、ユーザーを特定しているのです。MAはどのページを見たか、いつ訪れたかをトラッキングし、マーケティングに役立てているのです。

「たまたま資料が欲しかっただけなのに、そんな追跡がされているの・・」と心配されるユーザーがるかもしれません。例えばこのホームページや製品・サービスページはMAを使用していない、とか、このWebサイトはMAを利用している、ということは一般の方が見てもわかりません。トラッキングされているのは少し気持ち悪い感じがしますよね。ただ、個人情報の取り扱いに同意していますし、その「Webサイトだけ」でトラッキングされているので、理解できる部分もあります。

しかしプライバシーの観点から問題視されているのはサードパーティCookieです。ユーザーがWebサイトを訪れて「より良いサービス提供のためにクッキーを利用していまので、同意をお願いします」というバナーが出て、Cookie利用を同意しているケースや、前述したフォーム入力後の個人情報の取り扱いに同意している、サードパーティCookie利用はまだ紳士的です。

問題なのはユーザーに同意もせず、Webサイトを閲覧しただけのサードパーティCookieを利用しているケースです。同意無しのサードパーティCookieを販売している会社もあります。そのようなサードパーティCookieは、複数のWebサイトを横断して使用ができるため、ユーザーに何度も追跡型広告が出てしまいます。このようなトラッキングが、サードパーティCookieの問題となっており、プライバシー保護の観点から廃止に向かっているのです。

いずれにしましても、2022年以降はサードパーティCookieがなくなっていくので、このような追跡型広告は減っていきます。ファーストパーティCookieは残りますので、単一のWebサイト内でユーザーをトラッキングするMAに大きな影響はないということです。

ところがWebサイト内では、サードパーティCookieを使って広告分析やWeb分析をするケースがあります。その場合は同意したサードパーティCookieを健全に使用するWebサイトやMAはあります。マルケト社がCookieポリシーを提示しています。非常にわかりやすく、素晴らしい取組みだと思います。ファーストパーティCookieとサードパーティCookieの利用方法や規定がよく理解できますので、参考にしてみてください。
参照元URL https://jp.marketo.com/legal/cookies.html

Cookieがなくなる日のマーケティングとは?自社でリード取っていく時代へ 

MA(マーケティング・オートメーション)はファーストパーティCookieを健全に使用して、ユーザーの行動を把握しアプローチしていきます。しかし、MAは「新規リードになる前」の支援はしてくれません。あくまで新規リードを獲得した後、前述したフォーム入力をしたユーザーをトラッキングすることで、ユーザーの行動を教えてくれます。リード獲得後のユーザーにナーチャリングメールなどの育成・フォローをします。MAを導入するだけでは、新規リードは増えないのです。普通のMAはこのような「リード獲得後のトラッキングやナーチャリング」を支援くれるツールです。

MAの種類にHubspot(ハブスポット)があります。Hubspot(ハブスポット)はMAの中でも「新規リードに貢献してくれるMA」です。トラッキングやナーチャリング機能だけでなく、Web制作機能やCMSを持っているので、ホームページをHubspot(ハブスポット)上に実装できます(以下、ホームページと呼ばず、製品ページ)。つまり製品ページとMAがシームレスに連動して、新規リード獲得のために動いてくれるのです。

「新規リードを獲得できるしくみ」はMAだけを導入しても実現できません。Cookieがなくなるタイミングで、「自社でリードを取っていく時代」の、鐘の音がなっているように私は感じます。Hubspot(ハブスポット)を使えば、よりスピードアップして実現できますが、使わなくとも、自社で新規リード獲得を実現できる方法があります。それが「インバウンドマーケティング」なのです。

【Cookieが関係してくる主なマーケティング手法】
Vol.2 DSP広告(ターゲティング広告)
Vol.3 Googleリスティング広告
Vol.4 Facebook広告、Instagram広告
Vol.5 リターゲティング広告(リタゲ広告)
Vol.6 MA(マーケティング・オートメーション)
Vol.7 インバウンドマーケティング

次号の最終回、Vol.7ではCookieがなくなっても、新規リードが獲得できる手法:インバウンドマーケティングについて解説いたします。

※本記事のCookieとは、サードパーティCookieを指します。詳しくは本ブログ「Cookie(クッキー)がなくなる日のマーケティングとは?Vol.1 なぜ廃止されるのか、Cookieの基本とポイントを解説」をご覧ください。

※Webサイトにより「より良いサービス提供のためにクッキーを利用しています。同意をお願いします・・」と事前にユーザーの同意を得て、Cookie(クッキー)を利用している企業があります。本記事では「事前同意型利用」「同意なし型利用」「Cookieを利用していない」Webサイトは大別せず、一般論としてCookie利用の今後について解説していますので、ご了承ください。

※本記事は2021年5月7日の情報を基に作成しています。Cookie(クッキー)に関する詳しいお問い合わせは、各サービスベンダーのサイトからお問い合わせいただき、ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業マーケティング7つのやり方
サービス基本ガイド

ラシックマーケティングがご提供するサービスの具体的な内容や進め方が記載されている資料です。「コロナ後」の新しい営業・マーケティングのやり方について、ヒントが書かれています。ぜひ参考にしてみてください。

無料ダウンロード